こんにちは。

今回私が気になったのはきのこです!

きのこはどこのスーパーでも手に入る上に、

低価格で売られていて私たちに身近な食材ですよね。

普段の食生活でも取り入れているご家庭も少なくないと思います。

そんなきのこは最も身近なスーパーフードと言っても

過言ではないほどすごいパワーを秘めているようなのです!

〇きのこ

最近きのこ鍋や冷凍えのきなどSNSでも話題のきのこ。

まずはどんな成分が含まれているのかリサーチしてみました!

1糖質と脂質の代謝に欠かせないビタミンB群が豊富

糖質をエネルギーに変えるときに欠かせないビタミンB1、

脂質の代謝を促進し、髪・肌・爪などの細胞再生に

必要なビタミンB2もたっぷり含まれています。

油っこいものや炭水化物が好きな人こそ、

積極的に食べてほしい食材です!!

2腸内環境を整える食物繊維

きのこには食物繊維が多く含まれています。

食物繊維には腸の働きを活発にしてくれる不溶性食物繊維と、

腸内で発酵し腸内細菌のバランスを整える水溶性食物繊維があり、

どちらも腸内環境を整える働きがある栄養素です。

3きのこ特有の成分キノコキトサン

キノコキトサンには脂質の吸収を抑える効果が期待できます。

さらに中性脂肪や血糖値の上昇を抑える働きや、

内臓脂肪を減らす働きも確認されています。

肉料理など油っこい料理にきのこが相性抜群!

1日100g(半パック程度)食べると◎

4実は9割が水分?!食物繊維も豊富で便秘解消にも

約9割が水分で脂質や糖質など

エネルギーになるものが少ないので、超低カロリー。

食物繊維も豊富なので、コレステロールや脂肪の吸収も妨げ、

腸の働きを活発にしてくれます。

便秘にも効果を発揮!!!

5普段から不足しがちなミネラル、中でもカリウムがたっぷり

野菜不足や、加工食品に頼りがちな現代人の身体。

それを整えるために欠かせない栄養素・ミネラルがたっぷり。

特に豊富なのがカリウムで、塩分過多の要因となる

ナトリウムを排出してくれてむくみ防止にも大活躍!!

6体の免疫システムを効率よく高めてがん細胞を抑制

きのこが医学的に注目されている最大の理由は、

βグルテンの免疫力アップ作用。

細菌やウイルスなど外敵から体を守るだけでなく、

がん細胞を抑制する働きも。

きのこの中でも特にシイタケに多く含まれています。

中でもダイエットに効果的なのは、

ぶなしめじ、エリンギ、エノキタケ、舞茸

の4つだそうです。

メジャーなものなのでどこでも手に入るのが嬉しいですね。

脂肪吸収の抑制、糖質の分解・代謝など、

今話題のダイエットキーワードを

独り占めしているのはこちらのきのこたち。

お肉や油っこいものとはぜひ一緒に取り入れていきたいですね!

・ぶなしめじ
肝臓の働きを助けて疲労回復に役立つオルニチンが豊富。
肝機能を高めることで新陳代謝が活発になり、
余分な脂肪がたまりにくくなる。

・エリンギ
塩分を排出しやすくしてくれるカリウムがたっぷり!
カリウムは水溶性なので、
エキスごと食べられる鍋や煮込み料理、あんかけなどが最適。

・エノキタケ
キノコキトサンの含有率トップ!!
脂肪を燃焼するだけでなく、
エノキタケリノール酸と言う成分が、
内臓脂肪まで燃焼して健康的な体にしてくれます。

・舞茸
糖質の代謝を上げるビタミンB1が特に豊富。
ご飯ものや麵類など
糖質が多くなりがちな料理に加えるとグッド◎
カルシウムの吸収も助けるので、
小魚やチーズ、小松菜などとも相性抜群。

お肉や魚、バター焼きや鍋など

なんにでも合ってしまうきのこ。

沢山食べて綺麗になりましょう(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です