こんにちは。

すっかり夏本番で暑い日が続いていますね。

この時期に女性の気になるところと言えば

紫外線ですよね。

今回も美髪についての記事にする予定でしたが、

今回は日焼けについて更新しようと思います。

そもそも日焼けしてしまう原因は何なのでしょうか?

~日焼けの原因~

〇サンバーン

紫外線をあびたとき肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、

ひどい場合には水泡が出来たりする日焼けをサンバーンと言います。

サンバーンは紫外線の中でもB波と呼ばれる中くらいの波長の紫外線

が原因で起こる日焼けで、地上に降り注ぐ紫外線の中で、

最も肌に悪影響画あることで知られています。

太陽からはいろいろな光線が放出されていますが、

その中でも影響力が強い

「ガンマ線」「X線」「紫外線C波」は、

地上まで届かないようオゾン層によって守られています。

その「紫外線C波」の次に影響力が強いのが

「紫外線B波」なのです。

サンバーンは、とにかくエネルギーが強い光線を浴びてしまっているので

肌細胞を傷つけ、炎症を招きます。

そのため赤い肌になったり、ヒリヒリ痛い状態になり、

まるでやけどのような症状が起こるのです。

サンバーンは、炎症が進行するとシミや皮膚がんに

なってしまうこともあるといわれています。

〇サンタン

肌にほてりを感じることはあっても、

赤い状態時やヒリヒリ痛いと感じる時間が短い日焼けが

「サンタン」です。

サンタンは、紫外線A波による日焼けで、

人によっては全く炎症を起こさず肌が黒くなっていくため、

悪影響はないと思われがちです。

しかし、紫外線A波は波長が長いので、

じわじわと時間をかけて肌の奥まで到達してしまいます。

そして、目視できない皮膚の下でしずかに悪影響を及ぼすのです。

サンタンは、炎症や皮膚がんの原因になることは少ないものの、

日焼け後のシミやしわの原因に関与しているといわれています。

紫外線A波は、肌の奥まで到達するので、

コラーゲンなどを徐々に変性させていき、

その結果シミやしわとなって、

日焼け後の数日~数週間後に影響がでてしまいます。

そうならないための日焼け対策をまとめてみました。

~日焼け止めの正しい塗り方~

⑴パーツに合わせた適量で

⑵むらなく伸ばす

⑶ぽんぽんと優しくたたくように塗る

⑷2~3時間ごとに塗り直す

以下パーツごとの塗り方↓↓

〇顔

顔は塗りむらを防ぐために、

指先でメイクをするような感覚で丁寧に塗ります。

➀適量を両頬、額、鼻、あごの5か所に置く。

➁指全体を使って、頬から伸ばしていく。

➂額は中心から髪の生え際に向かって伸ばします。

➃鼻筋は上から下に、

あごは中心からフェイスラインに向かってなじませましょう。

➄目元は、目頭から目尻に向かって優しくなじませます。

➅最後に、もう一度適量を取り重ね付けしましょう。

小鼻などの細かな場所は、スポンジなどを使って

ぽんぽんとなじませてあげましょう。

〇腕

塗る範囲が広い部位には、容器からスーッと直接伸ばす

「ストローづけ」がおすすめです。

肌の上にストローの幅ほどの線状にとる付け方で、

塗りむらを防ぎます。

手のひらで優しく日焼け止めを包み込むように、

大きな楕円を描きながらゆっくりと身体に広げてください。

➀日焼け止めを肘から手首まで線状に取り出します。

➁手のひら全体で大きく円を描くようになじませましょう。

〇脚

脚も腕と同じような「ストローづけ」が効果的です。

手のひらで楕円を描くように、優しく伸ばしていきましょう。

➀脚のすね側のひざから足首までに日焼け止めを線状に取り出す。

➁手のひら全体で大きく円を描くようになじませます。

➂ふくらはぎ、太ももの前側と裏側、足の甲も同じように丁寧に塗ります。

➃指の間も塗り残しがないようにしっかりとなじませます。

〇髪

髪にはスプレータイプの日焼け止めがおすすめ。

髪が傷んでいるときなどは、髪の修復効果も期待できる

UVカットの洗い流さないトリートメントがおすすめです。

➀ブラシで髪をとかしておく。

➁スプレー缶をよく振って、10~20センチ離してから、

髪全体にスプレーをふきかけましょう。

➂むらなくいきわたるように、

再度ブラシで髪をとかします。

~日焼け止めを塗るときのポイント~

⑴しっかり保湿をしてから塗る

⑵去年のものなど古い物は使わない

⑶細かい部分の塗り忘れに注意!

⑷夏のレジャーでは普段より念入りに!

~1つは持っておきたい日焼け対策グッズ~

日焼け止め
⇒下地やファンデーション、乳液、スプレー、
スティック、ジェル、シート、サプリメントタイプ

UVカット効果付きのものが売られているアイテム例
⇒アームカバー、日傘、帽子やサンバイザー、
フェイスガードやマスク、ネックカバー、
ストッキング、ストール、眼鏡やサングラス、
カーディガンなどの衣服、液体洗剤、リップ

定番のものから珍しいものまで集めてみました。

みなさんがお持ちのものはありましたでしょうか?

話題のサプリメントタイプの飲む日焼け止めや

液体洗剤なんかもあると知って、

気になったので私自身いつか試してみたいと思っています(笑)

~日焼けをしてしまった場合の対処法~

紫外線に気を付けていても日焼けをしてしまったり、

日焼け止めなど塗り忘れてしまうこともありますよね。

その場合の応急処置としてまずは濡れタオルや

冷水シャワーで十分ほてりを鎮めることが大切です。

日焼け後の炎症が軽い場合には

これだけでもかなり落ち着きますよ。

肌のほてりが完全に消えるまでクールダウンできれば、

その後のヒリヒリも防げる可能性がアップします。

肌が赤い、痛い、ヒリヒリするといった状態まで

炎症が進んでいたら、保冷材などを当てるのが効果的です。

保冷材は直接当てたくなりますが、急速に冷やすとさらに肌への負担が

増してしまうので、軽く濡らしたハンカチやタオルに

保冷材を包み、炎症が起きている場所に優しく当てましょう。

肌の炎症が起きた部分がしっかりと冷え、

ほてりがなくなったら、次は保湿です。

日焼け後は、肌がカサカサしていることがありますよね。

それは日焼けによって肌の水分が失われてしまった、

まさにやけどのような症状なのです。

日焼け後の肌をしっかり保湿しケアすることで、

日焼けによるダメージも早く落ち着きます。

日焼け後のケアに美白化粧品を使用している、

というひとも多いですがそれは実は間違いです。

日焼け後の肌はとてもデリケートになっているので、

美白化粧品では刺激が強すぎ、更なる炎症を招くことも。。

美白化粧品は、炎症がなくなってから使用するのが効果的です。

日焼け後、赤い、痛い、ヒリヒリする、といった症状が出ていたら

赤ちゃんにも使えるワセリンでのケアがおすすめです。

ワセリンを多めに手のひらにとり、しっかり温めて柔らかくしたら、

肌に乗せるような感覚で伸ばしていきましょう。

このとき、強くこすると炎症が悪化することもあります。

厚塗りになる部分があってもかまわないので、優しく塗るのが効果的です。

また、身体の中の水分も減っているので水や経口補水液など、

熱中症対策にいいとされている飲み物をたっぷり飲んで、

肌の内側から水分量を上げるのも効果的です。

良質な睡眠をしっかりとることも良いですね。

今年の夏は日焼け対策ばっちりで乗り切りましょう!!

次回は美髪についての前回の続きを更新します。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です